節分2月3日 オニがやってきた!!

今日は節分の日。子どもたちは、この日に備えて新聞紙でつくった豆を投げる練習をしていました。
「おにはーそと。ふくはーうち。」
頭にはかわいいオニのお面に豆をいれるいれもの。準備万端です。
「わるい子はいないかあ~」「ママの言うことを聞かない子はいないかあ~」と突然保育園にオニがやってきました。
ぶなの木保育園の子ども達は無事にオニ退治することができたのでしょうか?!

豆まきの練習中! 『おには~そと~』『ふくは~うち~』 保育室には、元気な声が響きます。

子ども達と一緒につくったお面とオニ退治用の豆と入れ物。 先生に写真を撮ってもらい、ご機嫌!

そこへ、オニがやってきた!?

『悪い子はいないかあ?』『ママを困らせている子はいないか?』 赤オニの登場です。

子ども達の表情からも、恐怖が伝わってきますね。

こ、こわいよ~

怖すぎて、目があきません。 絶対に、見ないよ~

保育園では唯一のお姉ちゃん。泣きたいけど、我慢。 でも、じつは怖くて気を紛らわしているようです。

ぼくも怖いけど、ちょっと気になる・・・。 泣かずに頑張りました。

子ども達の泣き声と保育士と一緒に投げた豆でオニは退散!!

豆まき会の後に、飯島会長が来てくれました。 オニの正体は誰だったのでしょうか・・・。謎です。

沢山泣いた後は、お腹も空きました。 今日のメニューは、オニハンバーグと煮干し寿司です。

頂きまーす。 オニのハンバーグにこの笑顔! 沢山食べてオニ退治しました。

私も、ほっと一安心したよ~